秋田県内で口コミ人気の巻き爪専門院です。
樹脂製特殊プレートの施術で実績70,000回以上!
安全で安心の巻き爪矯正です。爪のこと、足のことでお悩みの方はどうぞお気軽にご相談下さい!

  • 巻き爪はいつから矯正を始めるべき?我慢することのリスク【秋田 大仙 巻き爪】

    2019年9月19日



    こんにちは!秋田巻き爪矯正院です!


    巻き爪矯正は、できるだけ早い段階で受けましょう!!


    と、ブログ内でもたびたび記述しておりますが…

    なぜ早いほうがいいのか?

    我慢・放置することでどんな影響があるのか?


    今日は、そういった点について改めてお話していきたいと思います。


    巻き爪の痛みが気になってはいたものの、

    施術を行わずになんとかやり過ごしていたあるお客様。


    痛みを我慢していたら…




    このように、化膿してしまいました(T_T)

    化膿してしまうと、

    炎症を抑えること自体に時間がかかってしまいますし

    程度によっては当院の矯正では対応が難しくなるケースもあります。

    …つまり、時間も費用もかかってしまうわけです。

    また、痛みを我慢していると痛みがなくなることがあります。

    誤解してはいけません。治ったわけではないです。

    爪が食い込むことで出来た肉芽部分は

    初めのうちは痛みを覚えますが

    食い込みに合わせて肉自体が変形すると、痛みが治まるのです。

    しかし、痛みを感じていない間にも

    もちろん巻き爪自体は進行していきます…



    そして痛みが出ては治まり…

    また痛みが出ては…収まり…



    の、繰り返しで結果として中~重度の巻き爪へと進行するわけです。


    我慢や放置することって、コワいんです。


    痛みは、巻き爪が進行している大事なサインです。

    爪のことで気になることがあれば

    できるだけ早い段階でご相談くださいね。


    巻き爪個別無料相談会についての詳細はこちら